紙すずめ

片付けをしていて、子どもの頃に作った工作を、たくさん発掘しました。

akibablog_180207.jpg
その中のひとつ。
折り曲げた紙を切り抜いて、色鉛筆で色をつけた小さな雀。

子どもの頃、冬が来ると、庭先にパンくずを撒いて、雀たちが来るのを楽しみに
待っていたことを、ふと思い出し、こんなにも身近に、自分の暮らしの中にずっと
雀がいたのだなと、感慨深いものがありました。

akibablog_180207(2).jpg

愉しむ 和こもの展に参加します。

akibablog_180119.jpg犬守 1.5cmほどの小さな作品です。

20日より始まる和小物展に、少しですが小さな作品を出品させていただいています。
お近くにお越しの際にはお立ち寄りいただけましたら幸いです。

戌年の始まりに、ちいさなガラスの犬張子をつくりました。
飼い主さんになる人と、旅が出来るように、小さな巾着袋と共に「犬守」として仕立ててみました。

tanoshimu shou
Gallery花影抄
愉しむ 和こもの展

2018年1月20日[土]~28日[日]※22日[月]休廊
13:00~19:00(最終日〜18:00)

新年のご挨拶

akibablog_180101.jpg置物「鏡戌」 2cmほどの大きさです。

新年明けましておめでとうございます。

気持ちも新たに、より豊かな表現を目指し、作品づくりに取り組みたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年 元旦 
秋葉絢


年末のご挨拶

akibablog_171230.jpg蓋物作品「昼下がり」 径5.6cm、高さ4.2cm

今年一年の中でも、パンダの赤ちゃん誕生は、嬉しいニュースでした。

元気にやんちゃに成長した今の様子もほほえましいですが、飼育員さんにメジャーで
体長を測られている様子がなんとも愛らしくて好きでした。
今後の成長も楽しみです。

今年も一年間、ありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えください。

蓋物作品「柚の香」

akibablog_171222.jpg蓋物作品「柚の香」 径5.8cm、高さ7.0cm


今年も残り10日余りとなりました。

一年の終わりが近づくと、物理的に忙しくなるだけでなく、意味もなくそわそわとせわしない気持ちになります。

今年やり残したことが、急にいくつも心に浮かんできます。

まもなく冬至。
柚子の香りに包まれて、ほっと一息。
身体と心をリセットできる至福の時間です。