スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな地へ

akibablog_170917.jpg蓋物作品 森の子守唄 高さ8cm


11年暮らした場所を離れることになりました。

身近に豊かな自然が溢れる環境で、日々を過ごし、生きていること、
生かされていることを強く濃く感じた11年間でした。

今は、この地を離れる寂しさ、そして新しい地でのスタートにワクワクしている気持ちが半々です。

新しい家への引っ越し、そしてアトリエをととのえる為、しばらくブログをお休みさせていただきます。


akibablog_170917_sub.jpg森の子守唄も家がテーマのひとつ、蓋を開けるとすやすやと安心して眠っている栗鼠が。


スポンサーサイト

蓋物作品「蜜の味」

やっと夏らしいお天気になったと思ったら、8月も残りわずかなのですね。

akibablog_170828.jpg5.6×5.9×高さ32cm

子どもの頃、夏休みのキャンプでクワガタを捕って、飼ったことがあります。
じっと動かずに蜜を吸う、山吹色の口元に見とれたものです。
すいかを食べると思い出す、夏のひとこまです。

蓋物作品「上昇気流」


残暑お見舞い申し上げます

akibablog_170812.jpg径5.8×高さ7.3cm

海から立ち上がる入道雲。

頭上すれすれを飛び交うたくさんの鴎たち。

抜けるような青空の、夏の日のひとこま。

個展お礼

今回も、無事に個展会期を終えることができました。
暑い中、たくさんのお客様に足を運んでいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

たくさんの方とお話させていただいて、楽しく幸せな一週間となりました。

これからも、表現の幅をひろげていけるよう、感性と技術の両面を磨きながら、
日々作品づくりに励んで参ります。

どうもありがとうございました。

akibablog_170720.jpg展示していた「トロピカル」 径4.5、高さ5.4cm


個展のお知らせ

来月、銀座のEcru+HMにて個展を開催いたします。
雨あがり、虹のむこうに待つ、きらめく眩しい季節。
夏の風景を切り取った作品が並びます。
ご高覧いただけましたら幸いです。
ギャラリーのある奥野ビルは歴史ある建物。
ゆったりとした時間が流れる不思議な空間です。
ぜひ足をお運びください。

秋葉 絢 ガラス展 ―虹のむこうに―
7月7日(金)~15日(土)※7月11日(火)休廊
※初日は混雑が予想されるため、10時から随時整理券をお配りいたします。

akibablog_170617_1.png
akibablog_170617_2.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。